蟹好きヒューマンは、「好きな、蟹がある」という方もいると思います。蟹と一言で言っても、様々な種々がありますから、蟹好きにおいても、好みの蟹が異なってくるでしょう。ズワイガニが好きな方も多いと思いますが、ズワイガニが好きなヒューマンは、松葉がにとの違いはご存知でしょうか。見た目は、全く貫く、ズワイガニと松葉ガニ。
では、ズワイガニと松葉ガニの違いについて、ご紹介ください。実は、ズワイガニと松葉ガニは、同じ種類の蟹。ズワイガニというのが一切名所となっており、蟹が獲れたファブリック、みなとによって、名称が変わってきます。松葉ガニと呼ばれているのは、京都府や兵庫県内、島根県内、鳥取県内などのみなとで獲られたズワイガニ。越前ガニと呼ばれているズワイガニは、北陸で獲れて掛かるものとなります。「じゃあ、どれもおんなじ蟹です」と思われる方もいると思いますが、それぞれのみなとで獲れたかには、それぞれに身のつき方もことなれば、特徴なども異なっています。ズワイガニと呼ばれているものは、身が生ぬるいという特技があり、うま味も多い蟹。身も敢然と塞がり、蟹カギなども十分に楽しむことが出来ます。松葉ガニの場合には、細めの蟹となっている結果、身は控えめ。しかし、有難みが高いかにとも言われており、お値段は割高となっています。
このように、松葉ガニとズワイガニは、おんなじズワイガニの一種ではありますが、獲れたみなとによって、身の着け方、特徴などが変わってきます。かに通販HELP【激安で美味しいカニを購入する方法】